知りたい情報が分かる!お役立ち情報ブログ

あなたが知りたいと思ういろいろな情報をお知らせします。

PTA

pta役員は絶対にやらなければいけない?人間関係の悩みの理由とは

投稿日:

お子様の成長がみててとても嬉しいですよね。

特に、小学校に楽しく行っている姿を見ていると
疲れも吹っ飛ぶというご両親も多いのではないでしょうか?

しかし、お子様が小学校に上がると、両親も学校の役員に
なることが増えて人間関係の悩みもいろいろ増えていきます。

特に大変なのがpta役員ですよね。

もちろん子供のために頑張りたいのは山々なんですが、
pta役員の人間関係の面で、ptaは出来たら避けたいという人もいるでしょう。

ここでは、そんなptaをできるだけやりたくないという人に向けて、
pta役員を避ける方法について解説をしたいと思います。

スポンサーリンク
  

pta役員はやりたくない!避ける方法はあるのか?

誰かがpta役員をやらなくてはいけないのはわかっています。

しかし、本音を言えば、pta役員はやりたくないという人が多いでしょう。

ですので、角が立たないうまい言い訳があれば
pta役員を避けることが出来ます。

pta役員を避ける方法として、角が立たないものは以下の通りがあります。

  • 数年以内にpta役員を経験している

数年以内にpta役員をしている場合、当然していない人の方が
優先順位が高くなりますし、そう主張しても角が立たないでしょう。

ですので、たとえやりたくなくても、pta役員の中に仲の良いお友達がいる場合や、
家庭的に落ち着いている年があれば、先にpta役員をやっておくのも手です。

  • 町内会や子供会で役員の仕事をしている

小学校のコミニュティは、ptaだけでなく、他にもあります。
ですので、楽そうな役員があったらそちらをやっておいて
pta役員は断るというのも手です。

しかし、逆に経験を買われてpta役員に
推薦をされてしまうこともあるので注意をしましょう。

  • 妊娠をしている、下の子供がまだ小さい

お母さんが妊娠中であったり、まだまだ小さいお子様がいる場合も
ptaは避けることができるでしょう。

実際、体の調子が優れなくて、無理してpta役員を
やっても迷惑をかけてしまうので、
妊娠をしている場合はすぐに言い出しましょう。

  • やりませんとはっきりと宣言する

どうしてもやりたくない場合、はっきりとやらない意志を
伝えた方がいいこともあります。

スポンサーリンク

角が立つことはあるかもしれませんが、
態度をはっきりさせず、結局引き受けてしまって、
自分にストレスがかかってしまっては意味がありませんし、
他の方にも迷惑をかけることになります。

そうなるのだったら、毅然とした態度で
pta役員はやらないということを伝えるようにしましょう。

ただこれはあくまで最終的手段です。

やはり何の事情もなくやりたくないからやらない
となると、下手すると今まで仲が良かったママ友たちからも
距離を置かれることになりかねません。

pta役員でよくあるトラブル3選

では次にpta役員でよくあるトラブルをご紹介しましょう。

  • 仕事を他人に押し付け

わざわざ夜に集まって、行事の担当や交通指導当番を決めたにも関わらず、
その仕事を人に押し付けてトラブルになるそうです。

仕事を受けたなら、しっかりと遂行するか、
無理なら誰かに頼んで、その分を自分でやるなどの
対応を当然してほしいですよね。

  • pta活動に上下関係を作る

pta活動は協力の元に成り立っており、もちろん会社ではありません。

仲良くやれるのならそれに越したことはないですし、
仕事のように上司や部下はありません。

しかし、pta活動歴や年齢などで、上司ヅラをし、
仕事のように叱る人もいます。

もちろん、pta活動も大切な仕事ですが、
できるなら仲良くやりたいですよね(^^)

  • ママ友同士でグループを作る

pta役員を仲の良いママともグループが独占をしていて、
それに入ってしまったら仲間はずれになった、
なんてこともあります。

もちろん、ママ友でpta役員をやるのは結構です。

でもそれだったら、新しく入った人に対して仲良くするなど
受け入れやすい空気を作ってほしいですよね。

このように、実際pta役員のトラブルを見ると、
確かにやりたくないなぁと思ってしまいますよね。

まとめ

このように書きましたが、pta役員は
めんどくさいと思っていたが、実際やったら
楽しかったという意見も見られます。

ですので、pta役員はその学校による、
そして役員になる人による、としか言いようがないです。

もし自分がpta役員をやって楽しかったら、その空気を引き継ぎ、
逆に辛くて自分が倒れてしまいそうなら遠慮なく辞めましょう。

pta活動のために体を壊しては元も子もないです。

そして、その時はptaのためでなく、愛する家族のために
自分の時間を使ってくださいね!

スポンサーリンク

-PTA

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

関連記事はありませんでした