知りたい情報が分かる!お役立ち情報ブログ

あなたが知りたいと思ういろいろな情報をお知らせします。

美容 健康 花粉症

花粉症の薬で眠くなるのはなぜか?気になる副作用を解説!

投稿日:

花粉症といえば春で、スギ花粉に悩まされる人も多いと思います。

そのため春になると、マスクは手放せない、寝られない、
眼球をそのまま洗いたいなんていう、花粉症の方の
悲痛な叫びが聞こえてきます。

しかし、春に花粉症にならず、秋に花粉症になるという方も中にはいます。

花粉症は花粉に対してのアレルギーなので、
その花粉はスギだけに当てはまりません。

秋の花粉症に多いのは、ブタクサ、よもぎ、カナムグラなどの植物です。

これらの花粉アレルギーを持っている人はこれから辛い季節になって行きます。

花粉症を抑えるために薬を使っている人もいると思いますが、
花粉症の薬で眠くなったことがありませんか?

これは花粉症の副作用なのでしょうか?

ここでは花粉症の副作用や花粉症の薬で眠くならない方法などを
紹介したいと思います。

スポンサーリンク
  

花粉症の薬で起こる副作用とは?

まず花粉症の副作用としては、眠気や口の渇き、注意力の低下、
尿が出にくくなるなどの副作用があります。

薬を飲んだ後、あまりに眠くなったりだるくなるようでしたら、
薬を飲むのをやめるか、車の運転を控えるようにしましょう。

このように、花粉症の薬で副作用が起こりやすいのは
花粉症の薬の中でも抗ヒスタミン薬という種類のものです。

こちらは、花粉症に対して効き目が強いその分、
副作用が強いものになっています。

ヒスタミンという物質はもともと、体のアレルギー症状を
引き起こす物質です。

しかしヒスタミンは、鼻だと鼻水などのアレルギー症状を
引き起こしていますが、脳には日中は眠くならないように
脳を覚醒させる作用や、記憶などの学習能力を高めるなどの
重要な働きもしています。

ですので、抗ヒスタミン薬の場合は、そのようなヒスタミンの
大切な働きまでもが阻害されてしまい、眠気やだるさなどの
副作用が引き起こされてしまいます。

スポンサーリンク

ただ、現在では、この副作用ができるだけ起きない
抗ヒスタミン薬も開発されています。

使用している薬の副作用がひどい場合は、医師や薬剤師に相談をして、
できるだけ副作用が起きづらい自分に合った薬
処方してもらうようにしましょう。

花粉症の薬で眠くならものは存在する?また対策もご紹介

上記のように、抗ヒスタミン薬は、効き目は強いですが、
副作用が比較的強めとなっています。

現在は、副作用が起きづらい抗ヒスタミン薬が開発されているとはいえ、
なかなか副作用を0にすることは難しいです。

ただ、花粉症には薬の種類が他にもあります。

抗アレルギー薬の場合、抗ヒスタミン薬と比べて
強い効果が発揮されない、軽度の花粉症の患者向きのものです。

こちらは効果が弱い分、副作用によって眠くならないため
服用がしやすい薬となっています。

また点鼻薬や、点眼薬に変更をしてもらうのも有効です。

他には、漢方薬を使用するという方法もあります。

漢方薬は効き目としてはゆるやかですが、
眠くなる成分が含まれていないという大きなメリットがあります。

花粉症は国民病とも言えるぐらい、ある意味一般的な病気ですので、
治療にも様々なアプローチがあります。

自分の生活リズムや、体調に合わせて、適切な薬を使って
うまく花粉症と付き合って行きましょう。

まとめ

花粉症は日本人の3人に1人はなると言われていて、
日本人に身近な病気の一つです。

しかし、花粉症だからといって、その症状を放っておくと
蓄膿症という合併症を引き起こします。

蓄膿症は鼻の奥にある副鼻腔という空洞に膿が溜まってしまい、
気道が通りにくくなり炎症を引き起こすものです。

蓄膿症が進むと、酷い頭痛や鼻水からの異臭などの
普段の生活にも支障を来しやすくなります。

花粉症はアレルギー性のため、なかなか完治することが難しいです。

そのため、花粉症の症状を和らげうまく付き合っていく必要があります。

ぜひ花粉症の薬が合っていないと思ったら、医師や薬剤師にすぐに相談して
自分に合った薬を選ぶようにしましょう。

きっと良い薬が見つかるはずですよ!

スポンサーリンク

-美容 健康, 花粉症

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

フケ用のシャンプーのオクトは本当に効果的?男性におすすめなアイテムは?

最近食生活の乱れからか、はたまたストレスのせいなのか、 フケが目立つようになってきてしまっている私です。 もともと乾燥肌なのでまったくなかったわけではないのですが 最近はいくらしっかり頭を洗ってもポロ …

ノロウイルスの消毒はアルコールだけで十分?おすすめの消毒液とは?

激しい腹痛、嘔吐、発熱… ノロウイルスにかかったことがある人なら分かりますが、本当に辛いです。 地獄です。 しかもノロウイルスは感染力が高いことが特徴で、 一人がかかってしまうと、あっという間に周りに …

インフルエンザの予防接種で得られる効果とは?妊婦は病院に相談しよう

妊婦さんの場合、インフルエンザの予防接種はどうしたらいいのでしょうか? インフルエンザにかかってしまうと大変 スポンサーリンク でも、予防接種することによって、赤ちゃんに影響があったりしないの? 予防 …

インフルエンザ予防接種は赤ちゃんにはどう?副作用や助成金はある?

スポンサーリンク 毎年冬になると大流行するインフルエンザ! この時期になると予防接種を受けるべきか受けないべきか悩む方も多いですよね!! 特に生まれたての赤ちゃんには予防接種を受けても大丈夫なのでしょ …

ノロウイルスの消毒は市販のもので大丈夫?確実に除菌する方法とは?

寒い冬。お鍋が美味しい季節ですね。 冬の美味しい食べ物と言えば『カキ』!! 新鮮な生ガキをちゅるっと食べると、幸せで寒さも吹っ飛びますよね!! でも幸せなだけじゃない。カキが美味しい季節に、そのニュー …