知りたい情報が分かる!お役立ち情報ブログ

あなたが知りたいと思ういろいろな情報をお知らせします。

やけど 生活の知識

やけどの水ぶくれが破れたときは絆創膏で大丈夫?ただし対処法とは?

投稿日:

やけど(火傷)

料理をしていると、どうしても火や熱湯を使うので
軽微なものからちょっと重度なものまで、
火傷になったことがある方は多いのではないでしょうか?

それが水ぶくれになるほどのヤケド・・・

私もありますが、とっさにはどう対処すればいいのか分からないんですよね。

スポンサーリンク
  

やけどでできた水ぶくれが破けた!正しい対処をしないとあとになる

みなさん、「やけど」をしたことはありますか?

私はお恥ずかしい事に、料理中に不注意で鍋を触ってしまったり、
髪を巻くコテが顔に当たってしまったり、そういった軽度のやけどが結構多いんですよね。

やけどが原因でみずぶくれになってしまったことも…。

じつは、水ぶくれが出来るやけどって、注意しなくてはいけないんですよ!!

皮膚は大きく分けると三つの層構造になっていて、皮膚の表面から順番に、

  • 表皮(一番外側の薄い膜)
  • 真皮(表皮の内側、毛根、汗腺、血管などのがある)
  • 皮下組織(真皮の内側の深い所にある組織)

となっており、やけどによる損傷が

  • 表皮のみの場合をⅠ度
  • 真皮までの場合はⅡ度
  • 皮下組織まで及ぶやけどをⅢ度

と分類しています。

水ぶくれができるやけどは、真皮まで損傷している「Ⅱ度熱傷」の状態なんです。

感染症などの危険もありますので、正しい処置をして、跡が残らないように治していきましょう!!

やけどでできた水ぶくれがつぶれた後絆創膏をはっても問題ない?

やけどでできた水ぶくれについて、つぶした方がいいのかつぶさない方がいいのかは、
専門家によって意見が分かれているようです。

なので、水ぶくれが出来た場合は、
自己判断でつぶさずに、そのまま皮膚を保護したほうがいいそうですよ。

それでも水ぶくれって、結構破れてしまったりするものなんですよね。

気を付けていたはずなのに、気が付いたら破れてたなんてこともよくあります。
特にお風呂。お風呂の時って皮膚が柔らかいのか、破れやすくないですか?

スポンサーリンク

水ぶくれが破れてしまった時にはどうしていますか?
破れた皮膚を除去して、消毒して、絆創膏を貼っていたりしていませんか?

私はそうやっていました!!でもこの処置はどうやら正しくないようなんです。

水ぶくれの部分からは、組織液という体液がどんどん出てきます。
水ぶくれの中にたまっていた液体の正体ですね!
絆創膏やガーゼを貼ってしまうと、組織液が染みこんでくっついてしまい、
剥がすときに痛かったり、また傷になってしまったりするんです。

やけどのみずぶくれが破れた時、絆創膏はNGです。

ではどのような処置が正しいのか。

やけどでできた水ぶくれが破れたときの正しい対処法とは

まず水ぶくれが破れてしまった時の破れた表皮ですが、
取り除いてしまうことで下の真皮がむき出しの状態になってしまいます。

破れた皮膚は取り除いてしまわずにそのままかぶせておくのが正解です。

次に傷口の消毒に関してですが、自己判断で消毒薬や軟膏など薬剤を勝手に塗ったりしないほうがいいようです。
傷口への刺激になったり、病院に行ったときにやけどの重症度判断の妨げになったりするのだとか。
傷口は水で優しく洗うだけにとどめましょう。

最後に傷口の保護について。
さっきも言いましたが、組織液が染みこんで固まってしまう絆創膏やガーゼはNGです。
だからといって、そのまま放置するのも駄目です。
むき出しになってしまった真皮はバリア機能を失い、細菌感染の影響を受けやすくなっているからです。

ではどうやって保護したらいいのか。

ここで使用するのは『ワセリン』です。

ワセリンには、表皮の代わりに真皮を保護し、細菌感染から守ってくれる機能があります。
この場合は、香料などが入っていない、医療用のワセリンを使用しましょう。

やけどが広範囲に及ぶ場合は、ワセリンの上からサランラップで保護するのも効果的です。
この場合、サランラップには数か所、小さな穴をあけておいてください。
通気性が悪くなってしまうと、細菌が繁殖する原因になるからです。

まとめ

やけどの後の水ぶくれ。
痛いし、じゅくじゅくするし、気になって仕方がないですよね。

だからと言って、勝手に色々してしまうと余計に治りが遅くなってしまいます。

出来るだけ早くきれいに治すためには、『余計な事をしない』事が一番大切です。

  • 1日1回は流水で傷口を綺麗に洗い
  • ワセリンやラップなどの簡単なもので覆い
  • あまり動かさないようにすること

これが、綺麗に治すことへの近道です。

スポンサーリンク

-やけど, 生活の知識

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

花粉症対策で外せない目のケアは薬でいいの?メガネはどう?

スポンサーリンク 花粉症は、春先からのスギ、ヒノキが有名ですね。 でも、イネやブタクサ、その他四季折々の植物の花粉で 1年中花粉症って人もいるでしょう。。。 そんな花粉症って・・・ 鼻水もさることなが …

防災グッズは100均でそろう?予算をかけなくてもそろえる方法とは?

近年、地震や台風など自然災害のニュースが多くて不安ですよね。 皆さん、防災グッズは常備していますか? スポンサーリンク 実を言うと、私はまだ何も用意していないんですよね。 怖いから用意しておこうかと思 …

洗面台の頑固な黄ばみはクエン酸だけじゃ落ちない!?本当に落とすマル秘テク

引っ越しってワクワクしますよね! 新しい部屋をどんな空間にしていこうか とか どんな生活が待っているのか とか。 色々考えるのがとっても楽しい! でも、それと同時に、すっごく大変なのが荷造り・・・あと …

エアコンのカビの影響は?掃除の仕方と防止方法はどうする?

スポンサーリンク エアコンを定期的に掃除していなければ内部によくカビが発生しますね。 暑くなってきてエアコンのスイッチを入れてモワ~っとカビ臭さが出るとウェ((+_+)) って感じます。 そのまま運転 …

やけどでできた水ぶくれが気になる!即効性のある薬を選ぶポイントとは

料理をしている時に熱い鍋を触ってしまった! 熱いアイロンをうっかり触ってしまった! スポンサーリンク 普段は気を付けているはずなのに、 ふと油断した時に火傷をしてしまう事ってありますよね。 しかも、ち …