知りたい情報が分かる!お役立ち情報ブログ

あなたが知りたいと思ういろいろな情報をお知らせします。

ノロウィルス 美容 健康

ノロウイルスの消毒は市販のもので大丈夫?確実に除菌する方法とは?

投稿日:

寒い冬。お鍋が美味しい季節ですね。

冬の美味しい食べ物と言えば『カキ』!!
新鮮な生ガキをちゅるっと食べると、幸せで寒さも吹っ飛びますよね!!

でも幸せなだけじゃない。カキが美味しい季節に、そのニュースはやってくるのです。

そう、ノロウイルスによる食中毒の流行!!!

ノロウイルスは、感染力が非常に高いのが特徴で、
家庭内で誰か一人がノロウイルスにかかってしまっただけで、
家族全員に感染する可能性が高いのです。

特に、体力や免疫力の低い小さいお子さん、
お年寄りがいるご家庭は注意が必要です。

トイレだけでなく、ドアノブ、衣類、寝具やタオルなど、
触れるものすべての消毒が、家族を守るために必須となってきます。

かかってからでは遅いのです!

いざという時に対応できるように、
しっかりと予防・消毒の知識を身に着けておきましょう。

スポンサーリンク
  

ノロウイルスの正しい消毒方法を知っておこう

ノロウイルスの消毒は、主に2つあります。

① 塩素消毒
次亜塩素酸ナトリウムで浸し、拭き取ることで消毒が出来ます。
② 熱湯消毒
90℃以上で1分以上加熱するとノロウイルスは死滅します。

塩素消毒で使われる次亜塩素酸ナトリウムとは、塩素系の漂白剤のことです。
200ppmの濃度に薄めたの塩素系漂白剤を使用するのですが、
200ppmってどのくらいか分かりませんよね。

家庭用の塩素系漂白剤だとだいたい200倍に希釈するといいようです。

では、家庭用の塩素系漂白剤を使った簡単な消毒液の作り方と使用方法についてご説明します!

使うものは、

  • ペットボトル
  • ゴム手袋、または使い捨てのビニール手袋
  • 塩素系漂白剤(市販のもので大丈夫です)

消毒液を扱う時は必ず手袋を着用してください。
塩素系の漂白剤の刺激によって、手が荒れたり、ただれてしまうことがあります。

作り方は簡単。

ペットボトルが500mlならキャップ半分、2Lならキャップ2杯分の塩素系漂白剤を入れ、
水を加えて、キャップをしたまま振って混ぜるだけ。

これで消毒液の完成です。
水をめいいっぱい入れてしまうと上手く混ざらないので、
元々の飲み物が入っていたくらいまでにしてくださいね!

スポンサーリンク
※注意※
スプレーにすると、消毒したい部分全部に液が行き渡らない可能性があることと、
霧状になった消毒液が目に入ってしまうと大変なので、やめておきましょう!
原液のままじゃ駄目なの?と思うかもしれませんが、
原液での使用は刺激が強すぎて対象物を傷めてしまうだけでなく、
体にも良くありません。必ず薄めて使いましょう。

使用方法は、消毒液を含ませた布やペーパーで消毒したい部分を覆って拭き取るだけです。

衣類の場合は、消毒液を衣類に染みこませた後、水洗いをしてから洗濯してください。
この時、他の衣類とは分けて洗濯しましょう。

漂白剤ですので、消毒液によって生地が傷んでしまったり、
色落ち変色してしまう場合がありますので、使用の際はご注意ください。

塩素系の消毒液が使えない場合は、

  • 90℃以上の熱湯に1分以上つけておく
  • 90度以上のアイロンを1分以上当てる

という方法でも大丈夫です。

タオルの場合は、あらかじめ捨ててもいいような古いタオルを使用し、
使用後に捨ててしまうのがよいかもしれません。

ノロウイルスの消毒はハイターでも代用できる?

いままで読んでいただいた中で、
『塩素系の漂白剤ってなんぞや?』『市販はされているの?』と疑問に思った方もいると思います。

塩素系の漂白剤は市販されていますし、家にすでにある方も多いと思います!

塩素系漂白剤に代表されるのが、『キッチンハイター』です!!

他にも、ミルトン、ブリーチなども塩素系漂白剤に分類されます。
ミルトンの場合は次亜塩素酸の濃度が薄いそうなので、消毒液を作る際はご注意ください。

ミルトン公式サイトによると、ミルトン20mlに対して水1Lで200ppmになるそうです。

また、キッチン泡ハイターも塩素系漂白剤です。
こちらの場合は、水で希釈して消毒液を作る必要が無く、そのままスプレーして使うことが出来ます
狭い範囲の消毒ならこちらでもいいかもしれませんが、
衣類に染みこませたりするには量的な問題がありますので、
やはりちゃんと消毒液を作ることをオススメします。

泡で出てくるので霧吹きなどのスプレーよりは安全ですが、それでも使用には十分注意してください。

※ちなみに、衣服用に販売されている「ワイドハイター」は酸素系漂白剤のため、
ノロウイルスの消毒には使えません!!ご注意ください!!

まとめ

ノロウイルスの消毒に有効な塩素系消毒剤についてご紹介しました!
正しい消毒を行うことによって、家族全員を守ることに繋がります。
まずは、すぐに実践できる簡単な対処法をご紹介しましたが、
インターネットで検索すると、より詳しい方法も出てきますので、是非参考にしてみてください。

ちなみに今回ご紹介した塩素系消毒液は、刺激が強いため手の消毒には使えません。
手は良く洗ったあと、アルコール消毒液で消毒してくださいね。

スポンサーリンク

-ノロウィルス, 美容 健康

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

風邪予防に市販の薬はカラダに毒!?漢方と食材でやさしく風邪予防!

突然ですが、みなさん知っていますか? 風邪って、風邪薬では治らないんです。 風邪の原因はほとんどがウイルス感染によるものですが、 実はインフルエンザを除いて、有効な抗ウイルス薬って存在しないんです。 …

フケを改善するシャンプーのおすすめは?市販で安いものを探そう!

男性に限らず、女性でもフケに悩んでいる方は多いと思います。 ドラッグストアに行くと、どこもたくさんのシャンプーが並んでいますね。 美容師さんにも聞いてみましたが、シャンプーは結局自分の髪との相性が重要 …

インフルエンザの予防接種で得られる効果とは?妊婦は病院に相談しよう

妊婦さんの場合、インフルエンザの予防接種はどうしたらいいのでしょうか? インフルエンザにかかってしまうと大変 スポンサーリンク でも、予防接種することによって、赤ちゃんに影響があったりしないの? 予防 …

インフルエンザ予防接種の時期は?幼児はいつ?2回目と効果は?

スポンサーリンク 2017年~2018年のインフルエンザは12月から増え始め 4月くらいまで患者数が多かったです。 なんかここ最近は3月に流行が終わるのではなく、 4月になっても続いている感じがします …

花粉症の薬のおすすめは?市販薬で最強の薬はコレだ!

寒い冬が空けて暖かい春がやってくる。 やっと暖かくなってきた!!と喜ぶ人も多いかと思います。 その反面あなたのように、 ああ、またこの季節がやってきた……。 と、春の到来を喜べない人もいるのではないで …