知りたい情報が分かる!お役立ち情報ブログ

あなたが知りたいと思ういろいろな情報をお知らせします。

美容 健康

インフルエンザ予防接種は高齢者も?その費用や副作用は?

投稿日:

年を重ね、高齢者となってくるとインフルエンザに感染したら重篤化する可能性が高くなります。
基礎疾患などを持っている高齢者など免疫力が低下している人に特にかかりやすいです。

高齢者がインフルエンザに感染すると肺炎などの合併症を引き起こし、
それが原因で亡くなってしまうと言うこともあります。

このようなことにならないように、まずはインフルエンザに感染しないように注意しなければなりませんね。

スポンサーリンク
  

インフルエンザの予防接種は高齢者も受けた方がいい?

インフルエンザに感染しないようにするには、外出後の手洗い、うがいは当然として、
やはり予防接種が最も効果的かと思われます。
高齢になるとインフルエンザの予防接種はなかなか受けないと言う方もいると思います。

しかし、インフルエンザにかかると重症化しやすく、接種の意義が大きい

・65歳以上の方
・60歳~64歳で心臓や腎臓、呼吸器の機能に障害があり、身の回りの生活を極度に制限される方
・60歳~64歳でヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能に障害があり、日常生活がほとんど不可能な方

は定期の予防接種の対象になっています。
と言うことは、
インフルエンザの予防接種は高齢者も受けた方がいい
と言うことです。

でも予防接種の際にはかかりつけの医師とご相談くださいね。

インフルエンザの予防接種を高齢者が受けるときの費用は?

そこでじゃぁ、インフルエンザの予防接種に行くか!
となったところで、病院によっていろいろですが、インフルエンザ予防接種の費用って
基本年金受給者の高齢者には結構な負担になると思います。

今は老齢厚生年金と老齢基礎年金と合わせて年額180万円あれば多い方と言われる時代。
これを月額に換算すると月15万円程・・・
しかもここから介護保険料や住民税、所得税など引かれ、少ない可処分所得から生活費などを出していかなければなりません。

そんな中から約3,000~5,000円もするインフルエンザの予防接種にはなかなか出せない
と言うのが実際ではないでしょうか。

でも安心してください。
各自治体で高齢者のインフルエンザ予防接種のために費用を一部助成してくれます。

例えばサイト管理人が住んでいる金沢市では平成29年度の場合ですが、

・65歳以上の方(昭和27年12月31日以前に生まれた方)
・60歳以上65歳未満の方(昭和28年1月1日から昭和32年12月31日に生まれた方)で、心臓、じん臓、呼吸器等重度障害を有する方(身体障害者1級程度)

に接種券が送られます。
それを利用することにより自己負担額が1,400円になります。

※ただし、生活保護の受給者および市民税非課税世帯のうち、
 本人の課税年金収入額と合計所得金額の合計が80万円以下の方は個人負担額が免除

スポンサーリンク

京都市(平成29年度)の場合は
年齢が確認できるものを提示することで2,000円になります。
でも事前に申請して、自己負担区分証明書の発行を受け、それを医療機関に提出すると
・個人の総所得が100万円以上125万円以下の方は1,500円
・個人の総所得が100万円以下の方は1,000円
・市民税非課税者、生活保護受給者の方などは無料
になります。

横浜市(平成29年度)の場合は
住所、氏名、年齢が確認できるものを提示することで自己負担額が2,300円になります。
金沢市と900円違いますね・・・(;^_^A
免除の要件は大体同じです。

東京都港区(平成29年度)なら・・・なんと無料で予防接種を受けることができます。

これは全て1回目の予防接種の金額になります。
65歳以上は1回の予防接種で効果が認められているということからこのようになっています。
2回目を希望する場合は通常の金額が必要になります。

このように各自治体でも違いがありますので、事前にインターネットで調べるか
各自治体の窓口に問い合わせてみてください。

インフルエンザの予防接種による副作用は?

インフルエンザの予防接種は高齢者も受けた方がよく、
高齢者のための費用の助成制度があることも分かり、

さぁ!インフルエンザ予防接種を受けに行こう!

となったが。。。

高齢者だからこそのインフルエンザ予防接種による副作用って大丈夫?
って考えが頭をよぎったりしません?

インフルエンザの予防接種による副作用は全くないとは言えず、
やはりいくつかの報告はあります。

比較的起きやすい副作用は軽い症状で

・局所の発赤、腫脹、疼痛は、接種を受けられた方の10~20%に起こります。通常は2~3日で消失します。
・発熱、頭痛、悪寒、倦怠感などの全身性の反応は、接種を受けられた方の5~10%に起こります。
・稀に蕁麻疹がみられることもありますが、2~3日で消失します。

などがあります。
しかし極々稀に

・アナフィラキシー反応:強いアレルギー反応で、寸時に血圧の低下や意識混濁、呼吸困難などが現れます。
・ギランバレー症候群:末梢神経の障害で手足に麻痺やしびれが生じます。重篤になると呼吸器官の麻痺が生じることもあります。
・急性散在性脳脊髄炎:脊髄や脳で起きる炎症であり発熱や意識混濁、呼吸困難など重篤な症状が特徴です。
・喘息発作:気管において空気の通りが悪くなり呼吸するたびにゼーゼーと音が出たり呼吸困難に陥るものです。
・肝機能障害:肝臓が通常通り機能しなくなり、悪化すると肝硬変や肝がんに発展してしまう恐れのあるものです。皮膚の色や目などが黄色に変色する黄疸の症状が現れることもあります。

などの症状が出ることがあります。
中には死亡例も報告されてはいますが、インフルエンザの予防接種との因果関係は認められていません。
また、高齢だから副作用が発症したと言うことでもなく、これらの副作用はどの年代の方にでも可能性がある症状になります。

とは言っても、アレルギー体質の方や基礎疾患をお持ちの方など気になる症状がある場合は、かかりつけの医師に相談してください。

まとめ

高齢者はインフルエンザに感染すると重篤化しやすいことがありますので、
予防接種法でも定期のインフルエンザの予防接種の対象となっています。

各自治体、金額はそれぞれですが、高齢者のインフルエンザ予防接種の助成もあります。
確かに副作用は一部報告は上がっていますが、心配な方は医師と相談の上、
出来る限りインフルエンザ予防接種を受けて、しっかりと予防してください。

ちなみにインフルエンザワクチンは不活性なので、予防接種でインフルエンザになることはありませんので安心してください。

スポンサーリンク

-美容 健康

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

インフルエンザ予防接種は赤ちゃんにはどう?副作用や助成金はある?

スポンサーリンク 毎年冬になると大流行するインフルエンザ! この時期になると予防接種を受けるべきか受けないべきか悩む方も多いですよね!! 特に生まれたての赤ちゃんには予防接種を受けても大丈夫なのでしょ …

夏バテの対策はどんな食事?うなぎは効果ある?豚肉はどう?

夏バテとは 夏の暑さによる自律神経系の乱れに起因して現れる様々な 症状のことを言います。 スポンサーリンク 昔は猛暑による食欲不振や体力の低下が主な原因・症状でしたが、 今では冷房などによる気温と湿度 …

フケを改善するシャンプーのおすすめは?市販で安いものを探そう!

男性に限らず、女性でもフケに悩んでいる方は多いと思います。 ドラッグストアに行くと、どこもたくさんのシャンプーが並んでいますね。 美容師さんにも聞いてみましたが、シャンプーは結局自分の髪との相性が重要 …

ノロウイルスの消毒はアルコールだけで十分?おすすめの消毒液とは?

激しい腹痛、嘔吐、発熱… ノロウイルスにかかったことがある人なら分かりますが、本当に辛いです。 地獄です。 しかもノロウイルスは感染力が高いことが特徴で、 一人がかかってしまうと、あっという間に周りに …

イネ科の花粉症に効く薬は?食べ物やその他の対策でマシになる?

花粉症と一言に言ってもいろいろありますよね。 でも期間が長いイネ科の花粉症のあなたには、とにかく少しでも症状を和らげたいですよね。 できれば完治すればいいとも思っているでしょう。 そもそもイネ科の花粉 …