知りたい情報が分かる!お役立ち情報ブログ

あなたが知りたいと思ういろいろな情報をお知らせします。

債務整理

借金を任意整理してもバレない?減額は?デメリットは?

投稿日:

ギャンブルや浪費で消費者金融から借金したり、
返済の便利さからショッピングリボでショッピングして
気が付くと200万や250万と随分な借り入れ金額になっていて、
利子ばかり払って元金が減らない!

と、毎月の支払が大きくなりすぎて生活が厳しくなると
債務整理
を考えるようになるのではないかと思います。

債務整理と一言に言っても、自己破産や個人民事再生、任意整理などあります。
自己破産や民事再生は避けて、月々の返済を楽にしたいときは
任意整理
という手段を取ることになります。

でも任意整理と言っても債務整理だから家族や彼、彼女にバレる?
借金はどれくらい減額される?任意整理するデメリットは?
などいろいろ気になることがあると思います。

スポンサーリンク
  

借金を任意整理してもバレない?

借金をしていることや債務整理をすることが会社や家族、付き合っている人にバレるのではないか?
と考えて債務整理に躊躇する人は結構います。

自己破産や民事再生はどうしても裁判所へ行かなければならなかったりしますが、
任意整理はその必要がありません。
それだけでも少しは周囲にバレる可能性は減ります。

また、自己破産は債務者の財産が処分されますので、それでバレることがありますが、
任意整理は財産の処分はありませんからそれでバレることもありません。

そして、これは全ての債務整理に共通することですが、
弁護士または司法書士に債務整理を依頼すると、各債権者に受任通知が送られます。
それが届くことによって、債権者からの督促や連絡が止まります
これにより、郵便物が届かなくなったり直接職場や家に電話が来なくなるので
職場や家族にはバレにくくなります。

弁護士事務所や司法書士事務所も当然会社や家族、その他の人に分からないようにしてくれます
(例えば封筒の差出名を法律事務所でなく、弁護士の個人名のみにしてくれるなど)
ので、特に債務整理に慣れている弁護士や司法書士に依頼するとより周囲にバレにくくなります。

ここまで注意してバレないようにしてもいざ任意整理の返済が始まって、
それが遅延したりすると、また債権者からの連絡が来ます。
そうならないためにも任意整理の返済が始まったら遅延することなく返済してくださいね。

もし、返済できなくなったら直ぐに手続きをしてもらった弁護士や司法書士に連絡し、
個人民事再生や自己破産など別の方法を取ってもらうことにしましょう。

任意整理したら借金はどれくらい減額する?

自己破産は借金が全て無くなります(厳密には支払義務が免除されます)。
個人民事再生は大幅な借金の減額になります。

スポンサーリンク

任意整理はどうでしょうか?
任意整理は裁判所の判断によらず、弁護士や司法書士が個別に債権者と交渉する方法
ですので、民事再生のように大幅な減額は残念ながらなかなか期待できません。

ただ、過払金が発生している場合はその分は減額できます。
中でもかなりの長期間返済を続けている方は人によれば過払金で借金が無くなり、
まだ払い過ぎていた利息が戻ってくる
と言う方も居ることは居ます。

過払金が期待できない短期間借り入れの方はどうなのかと言うと

将来利息のカットと支払回数の見直し

で月々の負担を軽くする
と言う、任意整理本来の趣旨の方法になります。

ですので、元金の大幅なカットにはなりません。
しかし、年利15%としたら・・・

100万円の借り入れで1年間に15万円の利子
300万円の借り入れだと45万円の利子

と1年間に何十万と利子を払わなければなりません。
それを考えたら任意整理することによって

  • 将来の利子がカットされ
  • 適正な支払回数にする

ことにより現状よりもスムーズに返済できることは間違いないでしょう。

借金を任意整理することでデメリットは?

では、任意整理することによりどういったデメリットがあるのでしょうか?

まずは先ほどお話ししました、過払金が発生しない限り

元金を大幅に減額できない

と言うことがありますが、ほかには

  • 信用情報機関(いわゆるブラックリスト)に事故情報が載る

これにより数年間(おおむね5年から7年間)
は新たにローンが組めない期間があります。
この期間は新たなクレジットカードも作れません。

  • 収入が無いと任意整理ができない

自己破産のように借金の返済が免除されるわけではありませんので
返済をしていかなければなりません。
ですので、返済をしていけるだけの収入が無ければ任意整理できません。

  • 和解が成立しないケースもある

任意整理は、債権者の同意が得られて初めて成立しますが、
きちんとした返済をしていないと和解が難しくなるケースがあります。
そのため、和解が得られにくい場合は、

  • 別の債務整理の方法を検討する
  • 優秀な弁護士に依頼する

どちらかの方法を取らなければなりません。

まとめ

任意整理は周囲にバレにくい債務整理の方法ですが、
自己破産や民事再生と違い、大幅な元金削減は出来ません。
でも
借りたお金は最低元金だけでも返したい
また
返すだけの収入もある
と言う方にはいい債務整理の方法だと思います。

任意整理は整理先を選べますので、
保証人がいる債務を外して債務整理することもできます。

実際にどの方法を取ることが最善なのかは
弁護士や司法書士との相談次第ですが、
他の債務整理に比べると手続きの金額も抑えられ、
また敷居は一番低いため利用しやすい方法だと思います。

・一応毎月の返済はしているが生活がとても苦しい
・返済が滞って督促が来ている

と言う方、一度専門家に相談してみては?

スポンサーリンク

-債務整理

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

借金の債務整理にデメリットは?クレジットカードや車は?

今まで頑張って返済してきたけど、 返しても返しても借金が減らない・・・ 借金を返せなくて もう数か月滞納していて督促が来ている スポンサーリンク 借金が返せなくなる理由はいろいろだと思います。 浪費も …

借金を減額する個人再生とは?利用の条件は?デメリットは?

最初は必ず返そうと思って気軽に借り入れしたが ギャンブルでの負けが増えて同時に借金も増えて行った。 最初は便利と思いショッピングクレジットリボ払いで利用していたが 気が付くとかなりの金額使っていて、返 …